このサイトでは、宅建資格試験に役立つようなケーススタディを集めています。

宅建に役立つケーススタディ

資格試験の特徴は、大学受験等とは異なり、実用的な面があるところでしょう。
大学受験などでも、合格するまでに多くの時間を費やし、努力が必要であることは確かです。
けれども、知識重視型の英検であることもまた、否めない事実となっているでしょう。
もちろん、資格も、基本的には知識を問うものであり、実用的と言っても、限界があります。
また、資格の知識がそのまま活かせるかと言えば、あくまで現場に出るための前知識を身に付けるものであり、多少なりとも、実践とは異なっています。
さらに、資格が必要な職種があり、業務独占あるいは名称独占などと呼ばれるように、その資格がなければ、その職種に就業することが不可能なものもあります。
しかし、そうであるからと言って、就業などが確実であるかと言えば、そうとは言えません。
資格は、あくまで資格であり、企業に就業するのであれば、応募条件を備えたものである、ということが、正確なところでしょう。
そうは言っても、資格がないよりはある方が、有益になる場合があります。
さらには、応募条件ができただけと言っても、その資格がなければ、応募もできないため、資格があった方が、就業のチャンスが広がるとも言えます。
このため、何らかの資格が欲しければ、それを目指すのが、適切でしょう。
ここでお話する宅建もまた、そんな資格の一つであり、なおかつ、国家資格の一つです。
難関とは見なされていませんが、それなりの勉強をしなければ、合格することはできないようです。
また、業務独占資格でもあり、なおかつ、名称独占でもあります。
人気資格の一つであり、毎回たくさんの人が受験しています。
そんな宅建資格は、法律関連の資格でもあり、より難関の部類に入るもののステップアップともなる資格です。
また、法律関連資格においては、実際にも起こりうる問題を想定しながら勉強することが大事であり、むしろ、法律とは、そういう生活のリアルな場面で活かされることが、大切でもあるのでしょう。
したがって、宅建資格においては、実例になるようなものを理解しながら、学習を進めることが重要なようです。
このサイトでは、そんな実例となるようなことを趣旨とし、宅建に役立つような知識を解説しています。
いずれも、ケースステタディとなっていますが、そうであるからこそ、学習しやすく、なおかつ、有益にもなり得ると言えます。
ご興味のある方々のお役に立てれば、とも思っています。